犬のしつけ

ドッグトレーナー解説!犬のトイレトレーニング(トイレのしつけ)方法について

投稿日:

ワンちゃんを家に迎えてまず最初にするべきトレーニングの一つにトイレトレーニングがあります。
決まった場所でトイレが出来るようになるトレーニングです。
ワンちゃんが決まった場所でトイレが出来るようになることは衛生面はもちろんのこと飼い主とワンちゃんの良好な関係づくりのためにも重要です。
最近はワンちゃんとお出かけできる施設も増えてきてトイレトレーニングの重要性はさらに高まっています。

とは言え、トイレトレーニングは簡単に出来るものでもありません。

そこでこの記事では現役ドッグトレーナーの管理人が犬のトイレトレーニング(トイレのしつけ)について解説します。

トイレトレーニングで必要なもの

まずトイレトレーニングには以下のグッズが必要となります。
・トイレシーツ
・トイレトレー
・サークル・ケージ
・消臭剤

トイレの位置

トイレの位置にもポイントがあります。
・出来るだけ目が届くところ
・直射日光があたらない
・人の出入りが激しいところは避ける
サークルやクレートもそうですがワンちゃんが興奮したり緊張しないようになるべくリラックスできる環境づくりをこころがけましょう。

犬のトイレ(排泄)の兆候

トイレトレーニングにおいて犬の排泄のタイミングを把握することは重要です。トイレが決まった場所で出来た場合にすぐ褒めることでトイレの場所を覚えるようになるからです。トイレの代表的な兆候には以下の2つがあります。
くるくる
排泄場所を決めたらその場をくるくる回り始めます。

・クンクン
突然床のにおいを嗅いだり、鼻を地面にくっつけながらクンクンしていたら

犬のトイレトレーニングの原則

トイレトレーニングの原則は
成功したら「褒める」
失敗したら「無視する」そして「速やかに掃除する」
です。これを徹底しましょう。

なお、トイレが失敗してもしなくても排泄物はすぐに片付けたり清掃するようにしましょう。衛生面でもそうですが間違った場所をトイレと記憶してしまう可能性があるからです。

トイレのしつけ

それでは実際のトレーニングです。
①サークルの中にワンちゃんを入れます。この際にトイレシーツを強いておきます。

②トイレをしたら「しーしーしー」もしくは「ワン・ツーワン・ツー」など声を掛けます。

③上手にトイレが出来たら「よくできました」や「グッド」など声をかけて褒めて

①~③を繰り返す

④トイレに慣れてきたらトイレシーツの枚数を減らしていきます。
シーツの上でおしっこが出来れば褒めて失敗した場合は褒めずに速やかに掃除します。

⑤やがてシーツが1枚できちんとできるようになればクレートに移行します。

トイレのしつけでの注意点

怒らない

プロの中でも叱ってしつける方法を提唱している人がいますが、辞めましょう。トイレ自体が悪いことと思ってしまい排泄をガマンしてしまったり、ストレスを抱えて別の問題行動に発展してしまう恐れがあります。

ご褒美にはフードを使う

褒める際のご褒美におやつを使う人がいますが、太る可能性があります。
トイレトレーニングをしている際は普段の食事の量を減らしてその分を褒める際のフードに使いましょう。
なお、当サイトではおススメドッグフードについても解説していますのでよかったらそちらも読んでみてください。

トイレトレーニングでは目を離さない

トイレトレーニングでは成功したらすぐ褒めることがポイントなので目を離さないようにしましょう。
特に子犬の時期はおしっこやうんちの回数が多いのでその分、しつけのタイミングがあるということです。
トイレトレーニングは根気がいるしつけです。しかし、トイレがしっかり出来ないとお互いにストレスになるので頑張りましょう。

上手くいかない場合は専門家に依頼

トイレトレーニングがうまくいかない場合は専門家に依頼しましょう。
ただし、専門家といってもピンキリなのでどういったしつけの方針なのかはしっかり聞いておきましょう。

まとめ

以上、トイレトレーニングについて解説してきました。
トイレトレーニングは最初は大変ですが成功すると色んな所に一緒にお出かけできるようになります。
より良いドッグライフのためにもぜひ取り組んでみてください。

-犬のしつけ

Copyright© 犬とずっと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.