ドッグフード

アランズナチュラルドッグフードについて専門家が分析!本当の評判や効果を調べてみた

投稿日:


アランズナチュラルドッグフードについて分析してみました。

アランズの総合評価

肉原料:
肉以外の原料:
安全性:
健康度:
コスパ:

価格 3,960円/2kg
メイン食材 イギリス産ラム(子羊)肉
その他の特徴的な食材 玄米、ベジタブル・ハーブミックス、亜麻仁
備考 コンセプトは自然給餌
キャンペーン 定期購入で最大20%FF

犬の主食である肉が主原料で生のラム肉を使っています。草食動物で消化吸収率が高いラム肉を使っているフードあまりありません。
しかも割合は55%と高いのは評価のポイントです。しかも料金もそこまで高くありません。
一方で、素材をかなり厳選しているので肉以外の原料は少ないです。これは犬の本来の食生活に基づいているからですが、色々与えたい人には不満が多いかもですね。
グルテンフリーの玄米や大麦を使っているので腸内環境の改善効果ありです。

アランズ公式ページ

アランズの特徴は徹底した「肉食動物の本来の食事」

アランズに使われている原料を見てみましょう。


生ラム肉(イギリス産)55%、玄米18%、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、全粒オーツ麦、亜麻仁、テンサイ、ビール酵母

他のフードと比べるとわかりますが、かなり少ないです。

これはアランズが元々、野生の肉食動物だった頃の食生活をコンセプトに作られているからです。
肉食動物はその名の通り、ほかの動物の肉を食べて生きているのですがこの際に摂取しているのはタンパク質としての肉だけではありません。
その動物が摂取していた栄養を二次的に摂取しているのです。そうすることで自分ではうまく消化・吸収ができない野菜や植物の栄養素を摂取するのです。

その仕組みに沿って作られているので使われている原料が少ないのです。

消化・吸収の良い羊の肉(ラム肉)を使用

アランズには草食動物の羊の生肉を使用しています。しかも消化吸収の良い子羊の肉(ラム肉)を使用しています。
ラム肉にはビタミンA群が豊富に含まれており、視力の維持や抗酸化作用もあります。
また、鉄分も豊富です。

グルテンフリーの玄米や全粒オーツ麦で腸内環境の改善

食物繊維が豊富な玄米や全粒オーツ麦は腸内をきれいにしてくれる効果があります。また、腸内の善玉菌のエサにもなります。
また、ビタミンやミネラルも多く含んでいます。

ハーブで体調を整える

犬は散歩中に道端に生えている草を食べることがありますが、この行動は体調を整えるために行われます。
そういったハーブを使用することで体の調子を整える効果や抗菌・酸化防止作用があります。

アランズの悪いところ・おすすめしないところ

ではアランズの欠点はどこにあるでしょうか。

野菜や果物が少ない

肉食動物の食生活に合わせているからですが、他の食材が少ないです。
「色々食べさせてあげたい」
と考える飼い主にとっては満足する内容ではないかも知れません。一応、野菜に関しては独自のブレンドと調理法で配合されているようですが内容が不明です。

タンパク質が多くはない

原料にラム肉が55%使われていますが粗タンパク質が20%ということなのでそこまで多くありません。
パピー犬や運動量が多い犬には不向きかもですね。

まとめ

以上、アランズナチュラルドッグフードについて解説してきました。
まとめると

  • 犬本来の肉食動物としての食生活に根差して作られている
  • 素材は厳選されているので少ない。その分アレルギーなどの心配が少ない
  • 穀物も使用し、腸内環境の改善に効果大

となります。

ワンちゃんにより自然な食事を与えたい人向けといえます。

アランズ公式ページ

-ドッグフード

Copyright© 犬とずっと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.