ドッグフード

ファインペッツについて専門家が解説!本当の評判や効果を調べてみた

更新日:

ドッグフードFINEPET'S(ファインペッツ)
FINEPET'S(ファインペッツ)はドッグフードでありながらも「人が食べることが出来るレベルの原料」にこだわった日本製のプレミアムドッグフードです。

また、どのステージの犬にも必要な栄養が含まれているドッグフードなので一種類で全犬種・全ステージ対応しています。

・やっぱり日本製がいい
・色んな犬種を飼っているけどそれぞれにドッグフードを用意するのは大変
・素材も安心できるものを使っているものがいい

といった飼い主向けに作られたドッグフードと言えます。

そのために人気が高いです。

しかし、一方でネット上には
「グレインフリーじゃない」
「肉の素材に鹿が入っているけどどうなの?」
「高い」
などネガティブな意見もあります。

そこで今回は専門家の監修の元、ファインペッツについて詳しく分析したいと思います。
素材に関しての分析や口コミについても詳しく調べていますので是非、参考にしてください☆

ファインペッツの特徴は何といっても日本製

それではファインペッツの特徴について見ていきましょう。

日本製

ファインペッツは質が良いプレミアムドッグフードの中では珍しく日本製です。なぜ日本製が珍しいか。それは海外には日本よりペット文化が進んでいる先進国が多いからです。有名なところではイギリスで、イギリス産の有名なドッグフードが多いです。また同じくペット先進国のアメリカではペットフードにも厳しい基準が設けられています。

とは言え、やはり国が違えば、ペットが住める環境も違います。海外ではペットが広く走り回れる場所が多いですが、日本ではそうはいかない場合が多いです。
特に室内犬が人気なこともあり、同じ犬種でも国が違えば、過ごす環境も大きく違います。

そんなことからペット先進国の水準でかつ日本の環境に適したペットフードの需要が高まり、誕生したのがファインペッツです。

その他に高タンパク質であったり、消化吸収率が高いことが特徴です。

ファインペッツの原料分析

それでは次にファインペッツに含まれる原料についてみていきます。

の全成分
鹿肉、鶏肉、オートミール、大麦、全粒米、鶏脂、グリーンピース、ポテト、豆類繊維質、リンゴ、サーモン、鶏レバー、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、チコリ抽出物、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、フラックスシード、ビール酵母、全卵粉、昆布、パセリ、ローズマリー、セイヨウイラクサ、カモマイル、セージ、タイム、コリアンダー、セイヨウタンポポ、甘草、魚介類抽出物(グルコサミン0.03%)、ユッカシジゲラ抽出、コンドロイチン0.01%

肉の素材に鹿肉が使われている

多くのドッグフードには肉の原料に鶏肉が使われています。鶏肉自体は牛肉や豚肉に比べて高タンパク質・低脂質のため、犬の食事に向いているのですが鹿肉はさらに脂質が少ないです。

鹿肉に関して「大丈夫なの?」という不安を抱いている人がいますが、実は犬にとって鹿肉は犬にとって非常に相性の良い肉なのです。犬の祖先はオオカミであり、狩りによって鹿を食べていたからです。しかも鹿肉は高タンパク質ながら低脂質。非常に健康的な肉であるといえます。

欠点があるとすれば原料費が高いことです。鶏肉や鮭に比べて希少性が高いのでどうしても高くなってしまいます。

そのため、ファインペッツではキャンペーンでお試しパックや

サーモンオイル

犬にとって脂質は重要なエネルギー源であるとともに皮膚や毛をきれいに保つ効果が期待来ます。
さらにサーモンオイルはオメガ脂肪酸がたくさん含まれています。オメガ脂肪酸は

・グレインフリー
・お試しパックあり

成分から見るファインペッツの特徴

ファインペッツには以下の成分が含まれています。

鹿肉、鶏肉、オートミール、大麦、全粒米、鶏脂、グリーンピース、ポテト、豆類繊維質、リンゴ、サーモン、鶏レバー、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、チコリ抽出物、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、フラックスシード、ビール酵母、全卵粉、昆布、パセリ、ローズマリー、セイヨウイラクサ、カモマイル、セージ、タイム、コリアンダー、セイヨウタンポポ、甘草、魚介類抽出物(グルコサミン0.03%)、ユッカシジゲラ抽出、コンドロイチン0.01%

なお、ファインペッツはメーカーのこだわりとして品質管理の観点から中国産原料は使用しておらず、今後も同国の原材料を一切使用する予定はないと言う強い姿勢を打ち出しています。また、熱に弱い原材料に関しては栄養分を損なうことが無いようにオーブンベイク後に添加・加工しています。

肉の原料に鹿肉、鮭を使用しているため、良質なタンパク質や脂質を摂ることが出来る

また、鹿肉や鮭にはオメガ6脂肪酸やオメガ3脂肪酸が多く含まれており、犬の毛並みや皮膚を良くする効果が期待出来ます。

ハーブによりこころや身体の健康を保つ

ローズマリーやタイム、西洋たんぽぽなど多くのハーブが含まれています。ハーブには精神を安定させる効果があります。また、抗酸化作用もあり、身体のサビを防ぐ効果も期待出来ます。

オリゴ糖

お腹の調子を整えます。

副作用・欠点は?

オートミール

ビタミン補給、脂質代謝補助、神経細胞、筋肉、心臓の働きの正常化・消化液分泌促進・成長促進の効果が期待出来ます。麦ですがグルテンはさほど含まれていません。

専門家の意見

それでは当サイトを監修している専門家の意見を見てみましょう。

動物看護師

高タンパク質かつ低脂質の肉の原料が様々入っているので偏りがなくていいですね。特に鹿肉は犬の祖先がオオカミで鹿を主食としていたので相性がバッチリです。一点注意するとすれば原料にポテトがはいっていることです。ポテトに含まれるでんぷんの消化が犬は得意ではありません。

ペットショップ店員

人口添加物や酸化防止剤が含まれていないので安心ですね。こういったプレミアムフードは料金が高いのでおいそれとは買えない場合が多いのですが、

ドッグトレーナー

高タンパク質の食事の場合、犬が凶暴化する場合があるという研究データがあります。ただしファインペッツは肉の原料に鹿や鮭を使っており、それらに含まれるオメガ脂肪酸が脳の働きをおだやかにします。

総評

 

 

ファインペッツがオススメなワンちゃん

 

ファインペッツの口コミ

ではファインペッツを実際に利用している人たちの口コミを見てみましょう。

良い口コミ


https://www.instagram.com/p/BlKVmLwBfDg/?hl=ja&tagged=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%84
https://www.instagram.com/p/BkkptcXgAc_/?hl=ja&tagged=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%84
https://www.instagram.com/p/Bk9s5QCHtWV/?hl=ja&tagged=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%84


<悪い口コミ>


https://twitter.com/franputy777/status/859603609926811649

<口コミのまとめ>
お試しがあるのがいいですね

-ドッグフード

Copyright© 犬とずっと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.