ドッグフード

いぬはぐについて専門家が詳しく解説してみた

投稿日:


この記事ではいぬはぐについて専門家の立場で詳しく解説します。

いぬはぐの総合評価

肉原料:
肉以外の原料:
安全性:
健康度:
コスパ:

いぬはぐは腸のお掃除と環境改善フード

いぬはぐの特徴は徹底した腸内環境改善フードであると言えます。
こう聞くと、下痢や便秘に悩んでいる犬向けかと思われるかもしれませんが実はそれ以外にも良い効果が期待できます。
犬の免疫力を維持するうえでも腸内環境を改善することはとても重要なのです。
理由は体の免疫細胞のうち70%が腸に集中しているためです。
免疫細胞はからだに入ってきたウィルスや細菌から身を守ってくれる役割があります。

この細胞を守るためにも腸内環境を改善することはとても重要なのです。

乳酸菌・オリゴ糖

腸内には数多くの腸内細菌がいます。その種類は1000種類で数はなんと1000兆個。
すごい数ですね。
これを見てみると植物のように群生していますが、これを腸内フローラと言います。

乳酸菌はこの腸内フローラを良好に保つ効果があります。

また、乳酸菌は腸内の善玉菌のエサとなり活性化させる効果があります。
こうすることで腸内細菌のバランスを整える効果があります。

玄米やアルファルファで腸内の掃除

穀物は食物繊維を多く含み、腸内のゴミをキレイにしてくれます。また腸内の善玉菌にとって穀物から摂取できる食物繊維は格好のエサであり、
腸内細菌の活発化にも役立ちます。
なお、穀物は犬に悪いという情報がありますが、これは詳しく言うと一部の穀物に含まれるグルテンというたんぱく質が犬にとって消化があまり良くないためです。
いぬはぐで使われている穀物はグルテンを含みませんので安心です。

リンゴで痛んだ腸を修復

リンゴも食物繊維を多く含む食材として有名ですが、それ以外にもリンゴには抗酸化物質を含んでいます。
抗酸化物質が痛んだ腸を修復して、弱った胃腸の機能を回復する効果があります。

腸が弱ってしまうと消化や吸収の働きがうまくできません
そのため、栄養がうまく摂取できない、また老廃物がスムーズに排出できないなどの悪影響が出てきます。そうすることで体に有害いな物質やガスが滞留していまいます。

またリンゴには酵素も多く含み、体内の酵素の働きを補助します。

いぬはぐの原料・成分を分析

inuhagu-seibun

鶏肉が主原料

良いドッグフードを選ぶ基準として肉が主原料であるということが挙げられます(詳しくは『専門家が推薦!オススメのドッグフードと選び方について』を参照)。
いぬはぐでは鶏肉が主原料となっています。
また、粗悪なフードに使われる4Dミートではなく、ヒューマングレードの良質な肉が使われています。
粗タンパク質も22%ということで室内飼いが多い日本のワンちゃん向けであるといえます。

サーモンオイル

犬にとって脂質は重要な栄養素です。皮膚や毛並みのツヤを保つ効果があります。
また、サーモンオイルはオメガ脂肪酸を多く含み、脳細胞の活性化にも効果があり、認知症予防などが期待できます。

グルコサミン・コンドロイチン

関節をケアする成分であるグルコサミン・コンドロイチン。最近は犬用のサプリメントでも使われています。

いぬはぐの悪いところ

さて、そんないぬはぐですが、悪いところやでデメリットはないのでしょうか。

料金が高い(キャンペーンあり)

まず、料金がかなり高いです。通常価格が1.5kg6,980円というのはかなり高いです。
使われている原料や製造法見てもそこまで高くなる理由がよくわからないのが正直なところです。
ただ現在、定期便購入で初回最大2,480円で購入できます。

野菜や果物が少ない

野菜などがあまり入っていません。そのため、ビタミンの摂取が物足りないかもしれません。

まとめ

いぬはぐについて分析してみました。
腸内環境の改善にはかなりおすすめなフードだと思います。
ただ、それ以外に関しては特筆すべき点はないかなというのが正直なところです。

-ドッグフード

Copyright© 犬とずっと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.