ドッグフード

ナチュロルについて徹底評価!口コミや良い点悪い点を調べてみた

投稿日:

ドッグフード「ナチュロル」
「ナチュロル」は「健康寿命ケア」をコンセプトに作られた日本製プレミアムドッグフードです。

「ワンちゃんは手作りの愛情ご飯をあげたい。でもそんな時間がなかなか。。。」

という飼い主に向けて作られています。そのコンセプトにより新鮮素材にこだわるのはもちろんのこと、その素材の栄養をなるべく壊さないため調理方法に「低温フレッシュ製造」を採用したり、犬の健康にとって重要なビタミンCを持続・安定型にして配合しているところが特徴的です。

では、そんなナチュロルが
本当に良いドッグフードなのか?
どこか悪いところはないのか?
自分のワンちゃんにおすすめなのか?

これが気になるところです。

そこでこの記事では、ペット業界20年以上で現役ドッグトレーナーがナチュロルが本当に良いドッグフードなのか徹底分析して評価したいと思います。

言葉がしゃべれないワンちゃんのため少しでも良いドッグフードを、と考えている飼い主にお役に立てればと思います☆

ナチュロルの評価:「プチ手作り健康フード」

私が評価するに「ナチュロルとはどんなフードなの?」というと「プチ手作り健康フード」であります。
その理由として

  • 素材の栄養をなるべく逃さない低温調理
  • 健康必須栄養のビタミンCを強化
  • 主原料の肉の種類が豊富

というのがあります。それぞれ説明していきます。

体づくりの源である安定・持続性ビタミンCが配合

ナチュロルの大きな特徴として持続性・安定性ビタミンCが配合されている、という点があります。

ビタミンCと言えば、人間で言うと美肌や風邪の予防などでよく知られていますが、犬にとっても重要なビタミンです。

関節や骨、軟骨の形成であったり、皮膚を健康に保つ、また抗酸化作用もあり老化防止にも重要な役割を果たします。
不足すると、骨や関節のトラブル、アレルギーなどの皮膚トラブル、そして老化促進などの悪影響があります。

人間と違うのは犬は自分の中でビタミンCを作ることができます。とは言え、まったく必要量には達しません(1日当たり40~60mg作れるが必要量は約6~10倍)。さらに体内で作られるビタミンCは老化していく中でだんだん減ってしまいますが、必要量は逆に増えていくのです。

そのためにドッグフードなどの食事から積極的に摂取する必要があるのです。

しかし、ビタミンCは壊れやすい性質があります。熱や水分に流れやすいのです。ナチュロルはそのため、持続性・安定性があるビタミンCを配合しているのです。

低温フレッシュ製造

ナチュロルの特徴は
プレミアムドッグフードでヒューマングレードとはよく言います。これは人間でも食べられるくらいの食材を使ったフードのことを指します。
ご存知の方もいるでしょうが市販の安いドッグフードには病気や死骸の肉が使われています(多くは安価な鶏肉が多い)。しかもその中にはその動物の爪や毛も入ってたりします。そんな粗悪な素材じゃなく、人間が食べられる素材を使っているフードのことをヒューマングレードと呼びます。
そういったフードは多いです。ただ、ナチュロルがその他のフードと違うのは製造方法です。

犬は生肉を食べることで栄養を摂取してきました。
一方で調理法です。
ドッグフードで気にしたいのはその調理方法。いかに良質な素材を使っても熱で処理されるとその栄養分が飛んでしまいます。

犬は生肉や生の野草を食べていました。そこから栄養を摂取していたのです。

その状態になるべく近く調理されているのがナチュロルです。

肉の原料が豊富

多くのドッグフードでは鶏肉が単品、もしくはこれに1種類が含まれるわけですが、やはり色々な動物性たんぱく質を取るのが望ましいです。そのためにローテーションなどの方法があったりしますが、ナチュロルはこれだけに肉原料として牛・鶏・馬・魚と使っており、バラエディに富んでいるので様々な動物性たんぱく質やそれに付随する栄養が摂取出来ます。

その他の良いところ

  • アレルギーワンちゃんに優しい「タピオカ」
  • シニアワンちゃんの目にも優しいアントシアニンがたっぷりの「紫さつまいも」
  • ポリフェノールたっぷりで善玉菌の餌となる「りんご繊維」
  • 宣言するほどの添加物不使用

というのがあります。

このように他のドッグフードと比べても健康に意識が高めのドッグフードとなっています。もちろんこれだけで健康が維持できるわけではないですが、質は高いと思います。

ナチュロルの悪い点

では、そんなナチュロルですが欠点はないのかどうか。もちろん万能なフードというのは存在しないのでやはり欠点はあります。それについて解説していきます。

値段が若干高い

まず、値段が高めです。これは肉原料に牛や馬を使っている(鶏肉は安い)、調理法が低温調理法を採用しているためだと思われます。特に素材を生かす製法を採用していると値段が上がる傾向がありまして例えば、K9などは生にこだわったフリーズドライ製法で値段は~です。

カロリー高め

タンパク質の量の割には若干高めです。他のプレミアムフードが100gあたり360kcal前後なのに対してナチュロルは100gあたり400kcalです。理由は牛肉を使っていることが挙げられるかと思います。ただし、そこまで気にしなくていいと思います。運動量を確保するにはカロリーも必要なのはあります。

脂質が少し少ない

脂質も若干少なめです。脂質が少ないと皮膚や毛のトラブルが起きやすいです。しかし、ナチュロルの大きな特徴であるビタミンcが配合されているため、こちらもそこまで気にしなくていいかなと思います。

総じて言えるのは素材や製造にこだわっているために値段やカロリーが高めになっているということです。とは言え、そこまで気にしなくてもいいのかなと思います。

どんな犬や飼い主におすすめか

やはり、素材にも製造方法にも妥協したくない飼い主におすすめです。注意してほしいのは健康フードとは名付けていますが、療法食ではないのでナチュロルを食べて健康になっていくというのは期待しないほうがいいと思います。あくまで今の健康を維持していく、そんなイメージです。

口コミ

 

View this post on Instagram

 

2017/03/27 フードをナチュロルにして2週間くらい経ちました。 目の充血と涙が気になっていたので、悩んで悩んでフードを変更してみました。 なんと!2日くらいで目の充血が良くなっていることに気づき✨涙もビシャびしゃになっていたのに、なってない✨(涙は出ているけどびしゃびしゃにまでなっていない) まだ日が浅いので様子見ですが、クッキーには合ってるのかも♡ #toypoodle#トイプードル#トイプードルレッド#トイプードル女の子#トイプードルパピー#トイプードル8ヶ月#ナチュロル#涙やけ

cookieさん(@cookietoypoo)がシェアした投稿 -

-ドッグフード

Copyright© 犬とずっと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.