犬の食事に関する知識

犬にさつまいもはOK!その効果と与え方について専門家が解説

投稿日:


自身の愛犬に手作りご飯をあげている飼い主の中にはさつまいもを与えている人がいます。

さつまいもには食物繊維が多く含まれており、ワンちゃんの腸内環境を改善してくれる効果があります。さらに運動に必要なエネルギー源としてもさつまいもは優秀な食材です。
また、サツマイモは準完全食と呼ばれるほどに栄養が豊富な食材でもあります。

しかし、一方で与える量や与え方に注意が必要な食材でもあります。

この記事では現役ドッグトレーナーがさつまいもにはどのような栄養があり、犬にとってどのような効果があるかを解説いたします。さらにさつまいもの与え方についても解説いたします。

是非、参考にしてください。

さつまいもは犬にとって重要な炭水化物

さつまいもは炭水化物を主成分とする食材です。人間と同じように犬にとっても炭水化物は重要な栄養素です。
人間は多くはご飯やパン類に代表される米や麦を食べることで炭水化物を摂取してます。

ところが犬にとって穀物は消化が苦手な食材なのです。

穀物は消化に時間がかかる食材です。人間はそれに対応して腸が長く、ゆっくり消化できるようになっていますが、それに対して犬は元々が肉食動物で腸があまり長くありません。

そのため、穀物を食べると消化不良を起こすことがあり、それが下痢やアレルギーの原因になることがあるのです。

さつまいもは穀物と同じ炭水化物の食材ですが、消化しやすく犬の消化器官に負担を与えない食材なのです。

そのために飼い犬にさつまいもを与える飼い主が多いのです。

カボチャとさつまいもはどっちがいい?

よくある質問で「さつまいもとかぼちゃはどちらをあげるとよいですか?」というのがあります。私はその場合は「どちらでもいいですよ」と答えています。どちらも主成分は炭水化物であり、よく似た健康効果をもたらします。しいて言うなら、かぼちゃのほうが低カロリーで、食物繊維、βカロテンにおいても若干優位です。しかし、ビタミンCはどちらも多いですが、さつまいものビタミンCは加熱しても壊れにくいです。

さつまいもってどんな栄養があるの?

では、ここからは具体的にさつまいもに含まれる栄養について解説いたします。さつまいもに含まれる代表的なものには以下のようなものがあります。

  • 糖質・デンプン
  • 食物繊維
  • ヤラビン
  • ビタミンC
  • ビタミンB群
  • カリウム

それぞれについて詳しく説明します。

糖質・デンプン質

さつまいもはイモ類のため、デンプン質が多いです。
イモ類の中でも特に甘みと感じるアミラーゼを多く含んでいるため他のイモ類に比べても糖質が多く甘みを感じることができます。
デンプン質は身体を動かすためのエネルギーの役割を果たします。

食物繊維(セルロース)

さつまいもは白米の10倍もの水溶性の食物繊維を多く含んでいます。同じデンプン質でも食物繊維のおかげでおなかに溜まった宿便をすっきり排出してくれる効果が期待できます。

ヤラピン

聞きなれない成分ですが、さつまいもを生で切った時に出る白い汁のことです。
さつまいも特有の成分で胃の粘膜を保護し、腸の働きを促進させ食物繊維と同じ便秘を解消する働きがあります。

ビタミンC

活性酵素除去に役立つビタミンC肌の調子を整えるためにも効果的です。ほかにも免疫力を高め皮膚や骨を丈夫にしてくれます。

豊富なビタミンB群

さつまいもにはビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6 ナイアシン 葉酸 パントテン酸とこれだけのビタミンB群が含まれています。
特にB1 B2は皮膚のターンオーバーを促進する作用があります。

カリウム

カリウムは身体のむくみに効果的で、塩分と余分な水分を排出する作用があります。体内の水分量を調整する作用があり代謝が良くなります。

さつまいもが犬にもたらす健康効果

以上を踏まえて、サツマイモには犬にとって

  • 消化不良改善
  • 便秘改善
  • 血圧低下
  • エイジングケア
  • 皮膚や毛並みをキレイにする
  • ストレス解消

などの効果が期待できます。そのために「下痢や便秘が続いている」「皮膚の状態が悪い」「高齢になって元気がない」などのワンちゃんにおすすめの食材となっています。

犬にさつまいもをあげる時の注意点

さつまいもの高い健康効果を説明してきましたが、実際に与える際には注意が必要です。この項ではさつまいもを与える際の注意点について解説します。

与えすぎは肥満の原因

さつまいもは犬にとって良い栄養素が含まれていますがあげすぎには注意が必要です。
栄養が豊富だからと日常的にあげるとカロリーオーバーし肥満の原因になってしまいます。主食として与えるよりドックフードのトッピングやおやつとして1日の摂取量の10%未満であげるといいでしょう。
具体的には1日500キロカロリーのドックフードを普段与えている場合、
おやつで100キロカロリーのさつまいもなら、400キロカロリーに抑えてあげます。

アレルギーを引き起こす場合がある

まれにさつまいもを食べてアレルギー反応を起こす犬がいます。その場合目の流血、嘔吐、下痢、じんましんなどの症状がでるかもしれないです。
ですから、初めてあげる場合は少量を与えて変化がないか様子を見るようにしましょう。

その他に少量ですが100gあたり0.1gのシュウ酸が含まれている為、関係性は低いとはされていますが尿路結石の原因になることがあります。そのため、心配な場合にはさつまいもは避けたほうがいいです。

さつまいもの調理方法

では、実際にさつまいもを与える方法について解説していきます。生であげても問題はないですが、消化に時間がかかってしまい、胃腸の負担になってしまいます。
なので、加熱したほうが消化に良く、またワンちゃんも食べやすいです。加熱することで香りも増して犬も食いつきが良くなります。

焼き芋・蒸し芋

簡単なのは焼いたり、蒸したりする調理方法です。いずれの方法でも調理後はしっかりと冷ました状態であげるのがいいでしょう。
特に犬は噛まずに飲み込んでしまうため喉に詰まらせてしまいます。与える時は必ず小さくくずして与えましょう

さつまいもチップス

薄くスライスし、クッキングシートを敷いた天板に並べてオーブンで焼く
食感も良く自然な甘みもあり、おやつとしてあげるのにぴったりです。

ドックフードのトッピング

加熱調理済みのさつまいもを細かく刻んでドックフードのトッピングに。
さつまいもに甘みがあるので普段のドックフードの食いつきが悪いなと感じた時に、ドックフードの量を少し抑えて、代わりにさつまいもをプラスしてもいいかもしれません。

さつまいもが使われているドッグフード

さつまいもを与える方法にさつまいもが使われているドッグフードを与えるという方法があります。これであれば手間のかかる調理も省けますし、サツマイモの与えすぎも防ぐことが出来ます。

しかし、サツマイモが入っているドッグフードであればなんでもいいわけではありません。さつまいも入りのドッグフードを選ぶ際には以下の点をチェックするようにしましょう。
 ・香料、着色料など不要あるいは害のある人工添加物が使用されていない
 ・肉が主原料になっている(副産物やミート類が使われていない)
 ・オイルコーティングなどの加工がされていない
以上を踏まえ管理人がおすすめするドッグフードは「モグワン」です。
モグワンは無添加のドッグフードで原料にもこだわっています。穀物は使用せずにさつまいもはもちろんのこと、カボチャも使われております。また、その他にもリンゴや海藻などバラエティに富んだ食材が使われおり、健康や美容効果が高いドッグフードです。

まとめ

犬にさつまいもをあたえても大丈夫です。良い栄養素がたくさん含まれていることがわかりました。
ですが良い栄養素が多いからといって、過剰に与えてしまうと肥満や成分によって下痢など体調不良の原因になるので、飼い主さんが犬にあげる食品の正しい知識を持ちながら、犬の様子をしながら様子をみて管理してあげることが1番いいでしょう。

-犬の食事に関する知識

Copyright© 犬とずっと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.