肛門腺絞り

肛門腺絞り

ワンちゃんは肛門のすぐ側に肛門嚢と呼ばれる不快なにおいがする分泌液が入った袋があります。
大型犬であれば排便時に同時に分泌液が一緒に出るのですが小型犬はそうすることができないため、定期的に人間の手によって絞る(排出する)必要があります。
これを放置しておくと、化膿や炎症を起こし、最悪の場合、肛門嚢が破裂してしまう場合もあります。
ワンちゃんがトイレの後に肛門を床にすりつけている場合は要注意。おしりを触ってみましょう。
目視した際に、肛門嚢が膨らんでいるようであればそれは分泌液がかなりたまっている証拠となります。
肛門嚢を絞ってあげましょう。
【手順】
犬の肛門腺は2ヶ所あり、肛門を中心に4時と8時
の位置にあります。
①しっぽをくいっと持ち上げて、肛門腺の膨らみを確認します。
②肛門腺を挟むように持ち、ティッシュをあててから、キュッと持ち上げるように絞ります。
肛門腺絞りは月に一回程度が目安。シャンプーの時に一緒にやればそのまま洗い流すことができます。

爪切り

爪切り

ワンちゃんの爪は放っておくと巻きだして足の裏に食い込みだします。頻繁に外に散歩などお出かけする場合であれば、歩いているうちに爪が削れていきますが、室内でずっと飼っている場合であれば定期的に爪切りを実施しましょう。
切るタイミングとしては爪が床につくようになれば。
なお、ワンちゃんの爪には実は途中まで神経と血管が通っています。なので深づめは厳禁。
慣れないうちは動物病院やトリマーに切ってもらい、その様子を見て勉強しましょう。どこまでが切ってもOKなのかもその際に教えてもらいましょう。
飼い主が爪を切る際には少しずつ切るのがポイント。もし、切りすぎた場合に備えて、止血剤も用意しておきましょう。
また切った後はやすりをかけて丸く整えてあげましょう。