ドッグフード

ピッコロについて専門家が解説!本当の評判や効果を調べてみた

更新日:


近年、ペット社会が進む中で人のみならず、ワンちゃんの高齢化も進んでいます。
もちろん長生きしてもらうほうがいいに越したことはないですが、なるべくなら健康に長生きしてほしいですよね。
そんなワンちゃん向けに作られたのがピッコロです。

実際にピッコロはシニア向けとしては最適なドッグフードなのでしょうか。

今回、専門家監修の元。ピッコロを徹底分析してみたいと思います。また、実際にピッコロを利用している人の口コミもチェックしたいと思います。​

ピッコロの商品情報

​シニア向け

とかく良く言われるのはピッコロはシニア向けのドッグフードということです。犬も人間と同じく、年を取れば運動量が減ったり、骨や関節の弱化、消化や内臓機能の低下がすすんできます。

そうなると市販の粗悪なドッグフードでは消化機能に負担がかかってしまい、健康に支障をきたす恐れがあります。
そんな状況を打破するというコンセプトのもと、ピッコロは作られています。
また、犬本来の食生活に基づいた栄養バランスにもなっています。

消化に負担のかかる穀物が入っていない

​犬は元々、肉食動物であったため、穀物の消化が苦手です。特にトウモロコシや小麦などグルテンが含まれる穀物が苦手です。ところが多くのドッグフードにはかさ増しのためにこれらの原料が多く含まれます。ピッコロはこういった穀物が一切含まれていないグルテンフリーとなっています。

肉の割合が70%

通常のドッグフードでは肉の割合が20~30%ですが、ピッコロは70%とかなり高いです。いわゆるプレミアムドッグフードと呼ばれるものの中でも割合が高いです。これだけの高たんぱく質で大丈夫なの?と心配される方もいますが、もともと犬は肉食で肉の消化が得意です。また、肉から様々な栄養を吸収することが出来るのです。

関節ケア成分が豊富

ピッコロにはグルコサミンやコンドロイチンなど関節をケアしてくれる成分が入っています。チワワなどワンちゃんによっては細い脚で体を支えている犬種もいるので関節のケアは重要になってきます。

原料からみるピッコロの特徴

ピッコロの原料
骨抜きチキン生肉(31%)、骨抜き生サーモン(20%)乾燥チキン(13%)、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆、乾燥サーモン(6%)乾燥全卵(2.5%)チキングレイビー(2%)、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD)、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン硫酸、リンゴ、ニンジン、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、ホウレンソウ、クランベリー、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

ピッコロの成分
『ピッコロ』ドッグフード成分表

肉の原料がチキンとサーモン。良質なたんぱく質でシニアに優しい

犬の食事において何よりも大事なのがタンパク質。元々が肉食動物だっただけあって人間の4倍以上のタンパク質を摂取しなければなりません。これはシニア犬であっても同様です。むしろ消化吸収の力が弱まっているからこそタンパク質が多く必要になります。多くの市販のドッグフードはそのタンパク源として粗悪な原料を使っていることが多いですが、ピッコロは新鮮な素材を使っています。また鶏肉には動脈硬化を防ぐリノール酸や抗酸化作用のアンセリン、カルノシンが含まれます。またサーモンにはオメガ3脂肪酸が含まれており、犬の認知症予防も期待できます。

グルコサミン、コンドロイチン配合で元気に走り回れる

人間も同じですが犬も老化が進むとあちこちが弱ってきてだんだん動くことが少なくなってきます。それを防止する効果が期待出来ます。

ハーブ配合で心と身体のケア

ピッコロにはマリーゴールドを筆頭に多くのハーブが含まれています。これらは抗酸化作用が期待できるとともに心のケアにも役立ちます。

専門家の評価

動物看護師
確かにシニア向けに作られているドッグフードだと感じました。ただ一方でジャガイモが少し気になりました。穀物の消化が苦手なワンちゃんにとってジャガイモは良い炭水化物ではあるのですが、一方でGI値が高いので肥満につながりやすくなります。そこまで過度に反応しなくてもいいですがシニア向けのワンちゃんは運動量がだんだん減少していくので血糖値についても気をくばりたいところです。
ペットショップ店員
最近はワンちゃんも高齢化が進んでいます。愛しいワンちゃんの寿命が長くなることはいいことですが、健康にも留意したいとろこです。そういった意味ではグルコサミン、コンドロイチンなどワンちゃんが元気に動ける栄養が含まれていたり、高タンパク質なのは良いと思います。
ドッグトレーナー
どんどん老化が進むと行動がおとなしくなるので他の犬や人に対しての攻撃性は減ってきます。ただし、一方で認知症のリスクも高まってきます。原料のとこでも触れられていますが、サーモンのようにオメガ3脂肪酸を含む食材は認知予防に役立つと言われているのでそう言った意味でもシニア向けなのかなと思いました。

総評

ピッコロはシニア向けとは言っていますが、成犬でもいいのかなと思います。
・シニアのみならず、通常のワンちゃんにもおすすめ
・関節のケアなどが気になる
・ワンちゃんの食欲が減少している(肉の割合が高いので食いつきがよくなる)
におすすめです。

ピッコロはどこで買える?キャンペーンは?

ピッコロは現在、通販のみで公式サイトのみの扱いとなっています。Amazonや楽天、ヤフーでは取り扱いがありません。
一袋あたり1.5kgで通常価格は3,980円です。
これが只今、キャンペーンで定期購入であれば最大20%OFFとなっています。

-ドッグフード

Copyright© 犬とずっと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.