オスワリ

□オスワリの有用性

オスワリは飼い主や他の犬への飛びつきを防ぐために重要なしつけです。またドッグカフェなどを利用する際にもスペースをしっかり守るためにも必要となってきます。
□具体的取り組み
①手にご褒美を持ってワンちゃんを呼びます。ドッグフード一粒とかで構いません。
②飼い主はワンちゃんの正面に座って名前を呼んでアイコンタクトを取ります。
③鼻先に持って行ったご褒美をそのまま上に上げていくとワンちゃんは自然にオスワリの体勢をとります。
④オスワリが出来たら褒めてあげましょう。その後ご褒美をあげます。
以上を繰り返します。

アイコンタクト

 

□全てのしつけの基礎となるのがアイコンタクト
アイコンタクトとは、ワンちゃんが飼ろらかへらかい主に名前を呼ばれると飼い主に振り向くという行動です。このアイコンタクトが全てのしつけの基本となります。
本来、犬社会においては目と目を合わせることは敵意の表れであるとされています。しかし、同じ群れの中においては犬はリーダーと目線を合わせようとします。これは犬がリーダーの意図を汲み取ろうとする意思の表れであり、信頼関係を意味するものとなるのです。
よってワンちゃんが名前を呼ばれて振り向くということはワンちゃんと飼い主の信頼関係構築の重要な取り組みとなります。
また、それだけではありません。アイコンタクトが取れることにより、ワンちゃんの急な飛び出しや危険物への接触などから守ることができますので積極的に取り組んでいきましょう。
□具体的な取り組み
①手にご褒美を持ってワンちゃんを呼びます。ドッグフード一粒とかで構いません。
②手の中のご褒美をワンちゃんの鼻先を近づけ、目線を飼い主に誘導します。
③ワンちゃんに「見て」と指示しながらご褒美を持った手を飼い主の顔に近づけます。
④ワンちゃんと飼い主の目があったら褒めてあげましょう。その後ご褒美をあげます。
以上を繰り返します。
このトレーニングが出来るようになれば、次は言葉の合図に変えていきます。名前を呼んでワンちゃんが飼い主に振り向くようになればご褒美を与えていきます。
最終的には名前を呼ぶだけで振り向くようにしましょう。
ワンちゃんが指示を理解できるようになるまでは時間がかかるのでごはんの時などにも積極的にトレーニングを入れていきましょう。

トイレトレーニング

 

①まずはトイレトレーニング!
トイレトレーニングについて
子犬を迎えたらまずトイレトレーニングです。
・飼い主のストレス軽減
・ワンちゃんのストレス軽減
犬はもともときれい好き
・病気の予防
・施設の利用
 近年ワンちゃんとお出かけする色んな場所が増えてきました。ドッグカフェやペット可能の宿泊施設が増えてきました。そういった飼い主とワンちゃんが一緒に楽しめる施設が増えてきましたが、そういった施設の利用の条件にトイレトレーニングが完了しているかが含まれていることがほとんどです。
トイレトレーニングはサークルから
 トイレトレーニングの最終目的は決まった場所(トイレシーツ一枚が敷いている場所)にワンちゃんがトイレすることです。そのため、トイレシーツに慣れることが重要です。
 そこでサークルを使ってトイレトレーニングを行います。
【準備】
サークルの中にトイレシーツをしきつめます。サークルの奥にベットを置きます。なるべく大きなサークルを使い、最初は寝るスペースが2割、トイレシーツが8割くらいになるのがベストです。
①サークルの中にワンちゃんを入れます。
②ワンちゃんがトイレしたら「ワンツーワンツー」や「シーシー」と声をかけます。
③上手にトイレが出来たら声をかけて褒めてあげてご褒美をあげます。
④サークルの扉をあけて外に出してあげて遊んであげます。その間にトイレの片付けなどを行います。
⑤遊んであげた後、おもちゃなどを使ってサークルに誘導します。サークル内が自分の場所と認識させるためです。
以上を数日〜数週間繰り返していき、トイレに慣れさせていきます。
⑥トイレに慣れてきたらサークル内のトイレシーツを減らしていきます。最初はベット下のシーツを除くのが良いでしょう。
⑦サークル内のトイレシーツゾーンが全体の1/3程度になったらサークル内を寝る場所、トイレする場所、水飲み場の3つに分けます。
ここでトイレシーツ一枚にトイレが出来るようになれば今度はクレートにトイレシーツをうんたらかんたら
トイレトレーニング成功の秘訣
以上、トレーニングについて触れてきましたが、もちろんこの様に順調に進むわけではありません。
?なかなかトイレをおぼえてくれません
放し飼いを長時間している状態であればトイレをなかなか覚えない傾向にあります。サークルに3-4時間ごとには入れるようにしましょう。
?トイレシーツをかじる
トイレシーツをかじってしまうのはワンちゃんが退屈していることによるストレスが考えられます。やめさせるにはおもちゃをサークルに入れてみたり、コングなどおやつを食べるのに工夫が必要なものを与えてみるといいでしょう。
?トイレに行くタイミングがわからない

しつけとは

 

□しつけは犬とのコミュニケーション
□しつけの大原則
とにかく怒らない
強化と弱化
□しつけの段階
第一段階:言葉で指示
     フードで誘導し、指示した行動を教える
     上手に出来たらごほうびを与える
第二段階:言葉で指示
     フードなしで誘導し、指示した行動を手で合図し、教える
     上手に出来たらごほうびを与える
第三段階:言葉で指示
     上手に出来たらごほうびを与える
最終段階:ごほうびがなくても、言葉だけの指示でできるようになる
□しつけの注意点
①あせらず、ゆっくり、じっくり
②しつけの指示語は統一
③ごほうびの量に気をつける