犬を飼うにあたっての費用は

犬を飼うからには、もちろん費用が発生します。それはフードだけではなく、ペットシーツ代、予防接種、そしてカットやケア、そして思わぬ事故やトラブルによる医療費など様々な場面でかかります。

ここで、犬を飼うにあたって発生する費用を把握しておきましょう。

初年度にかかる費用

事前に用意するもの  30,000円
混合ワクチン接種   16,000円
健康診断        3000円
狂犬病予防注射     3500円(※各市町村によって異なる)
畜犬登録        3000円(※各市町村によって異なる)
計 55,000円

初年度は畜犬登録や狂犬病の予防摂取が必要となります。また、サークル、クレートなどの用意が必要となります。

毎年かかる費用

フード代        12,000円
おやつ代        12,000円
ケア商品         6,000円
トイレシーツ      24,000円
トリミング代      12,000円
混合ワクチン接種     8000円
狂犬病予防注射      3,500円
フィラリア症等予防薬   6,000円
健康診断         3,000円
計 83,500円

 

毎年かかるものとしてはフードやシーツ代はもちろんのこと、健康診断やワクチンの接種も積極的に受けるべきでしょう。ワンちゃんは言葉を話せないので飼い主側が、ワンちゃんの健康を率先して気遣っていかなければなりません。

また、トリミングも定期的に受けたほうがいいでしょう。毛も爪も伸びたままになってしまってはワンちゃんにストレスを与えることにもなります。また、トリミングを受けることで専門家のアドバイスをもらえることもあります。

その他必要に応じてかかる費用

去勢・避妊手術     30,000~70,000円
しつけ教室        5,000円~
病気・ケガの治療    症状による
服代         さまざま
おもちゃ        さまざま

去勢・避妊手術は一般のご家庭であれば積極的に行うべきでしょう。増えすぎて子犬が飼えなくなり、やむを得ず、望ましくない結果を迎えてしまうことがあります。

また、最近はワンちゃんと一緒に遊べる施設や場所が増えてきました。そういった場合にしっかりとしたしつけが必要となりますが、しつけは独学では難しいので専門家にお願いするのも良いでしょう。

 

このようにワンちゃんを飼うというのにはお金がかかります。ただ「飼いたい」という気持ちだけで思わぬ費用がかかり、それで飼えなくなることもあるので注意しましょう。
この他にも、ワンちゃんが思わぬ病気にかかったり、他のワンちゃんや人に襲いかかり怪我をさせてしまうこともあります。こういった場合の対策として保険を考えておくのも一つでしょう。

2016年8月27日 犬を飼うにあたっての費用は はコメントを受け付けていません。 犬を飼う前に