犬に出会う方法

これから長い時間を一緒に過ごすワンちゃんはしっかりと選びたいもの。最近ではワンちゃんに出会う場所としてはペットショップ、やブリーダーそしてインターネットなど多数の選択しがあります。ここではそれぞれの特徴について触れていきます。

ペットショップ

 

ペットショップのメリットとしては、気軽に見学が出来て、店員さんに色々な質問を気軽に出来るところです。特に初めて犬を飼うに当たって、様々な知識や用意が必要ですがその点もまとめてアドバイスを聞くことが出来ます。

ただし、一方でショップの質は大きく差があります。また、スタッフなども知識やスキルが未熟なまま、営業を行っている店舗も少なくありません。

そのため、以下の点を注意して選びましょう。

 

チェックポイント
  • 標識が店舗内に提示しているか
  • 子犬の社会化教育は実施されているか。また、それがフォローされるサービスがある
  • 店内は子犬は清潔に保たれているか
  • 店員の対応は良いか、また子犬の扱いが雑ではないか
  • 購入時に書類でしっかりと免責事項等を説明してくれるか

ブリーダー

 

ブリーダーとは、犬の交配や出産、繁殖を手掛け、流通させる業者です。ペットショップを介さず直接、購入が出来るため、ペットショップより安く購入することが可能な場合があります。

また、ペットショップとは違い、子犬が親犬や兄弟犬と一緒に暮らしているため、社会化教育が実施されていることもあります。

しかし、中にはとにかく繁殖させて劣悪な環境で育てられた子犬もいるので見極めが必要です。

チェックポイント
  • 家は清潔か
  • 繁殖数が多すぎないか
  • 子犬の社会化は完了しているか

インターネット

 

インターネットではブリーダーやペットショップ、仲介業者さらには一般家庭などからワンちゃんの情報が直接発信されています。動画つきで子犬の状態も見られたりする場合もあります。

しかし、知りたい情報が見られなかったり、直接、犬を見ることが出来ないので、初めて子犬を飼う場合にはあまりお勧めできません。

チェックポイント
  • 写真や動画にウチっている子犬と同じか
  • 子犬の自宅までの配送方法について

動物愛護団体

 

家庭で飼育されていた犬が放棄され、それを保護しているのが動物愛護団体です。愛護団体では捨て犬を再び一般家庭として受け入れられるように家庭動物としての訓練を行ったり病気や怪我の治療、不妊去勢手術、ワクチン接種などを行った上で飼い主を募集しています。

なお、この場合はワンちゃんの購入費用はかかりません。ただし、実際に迎いいれるにあたって色々な講習を受ける必要があります。

また、一般的には成犬を扱っていることが多いので、しつけの面で問題を抱えている場合に修正が難しい場合があります。

チェックポイント
  • 犬が保護された経緯
  • 犬に何か問題がないか

一般家庭

 

既に犬を飼っている家庭で産まれた子犬を引き取るというケースです。この場合、ブリーダーと同じで人間や親犬、兄弟と一緒に暮らしているため社会化がうまく形成されている場合があります。

一方で、専門知識がない状態での子犬は交配の状況にもよりますが遺伝病の発生率が高まる場合があります。

チェックポイント
  • 血統上の問題がないか
  • 訪問した家が清潔か
  • 社会化教育が出来ているか

いずれの場合においても大事なのは
・子犬の生活環境が清潔で快適な状態か
・子犬の情報がしっかりしているか
・アフターフォローがしっかりしているか
となります。

なお、ワンちゃんを飼う際に血筋を気にされる方もいらっしゃると思いますが、家族の一員として迎えるなら、血筋はさほど気にすることはありません。

2016年8月27日 犬に出会う方法 はコメントを受け付けていません。 犬を飼う前に