動物病院を探そう

ワンちゃんを家に迎えて早々にやらなければいけないことはかかりつけの病院を見つけること。

なぜなら、1歳になるまでに予防接種を4回、定期健診も1ヶ月に1回と子犬の時期は頻繁に病院にお世話になるからです。
かかりつけの病院を見つける際には以下の点を留意しましょう。
チェックポイント
1、家から近い
→どんなに評判が良くても自宅から遠いと通院の際に飼い主の負担になってきます。なるべく家に近いこととや、移動手段があるところが良いでしょう。
2、診察日や時間、また緊急時の対応が可能かどうか
→飼い主のライフスタイルに合った時間に診察してもらえるかどうかも重要なポイントとなります。また、日祝日やお盆、年末年始にも対応が可能かどうかもチェックしておくと良いでしょう。
また、ワンちゃんの場合、人間と違って何かあった時には救急車というものがありません。自分で探さなくてはいけないのであらかじめチェックしておくことは重要です。
3、説明が分かりやすいか
→飼い主は犬の病気のことや治療について専門的な知識を持っているわけではありません。ワンちゃんが何か大きな病気にかかって長期的な治療が必要になった場合、飼い主の普段の接し方にも注意が必要となります。
ワンちゃんが治療を受ける際に、どういった症状でどのような方針で治療してくれるか分かりやすく説明してくれるか、ということは大事です。
不明点があればドンドン質問しましょう。
4、院内は清潔か
→病院には色んな感染症にかかったワンちゃんが通院しています。二次感染にかからないためにも室内や先生、看護師が清潔であるかしっかりチェックしておきましょう。
加湿器やプラズマクラスターを設置しているところもあります。
5、診察時の獣医さんの接し方
→獣医師にも様々な人がいて、中にはワンちゃんにあまり触れず、業務的に淡々と診察をこなす人もいます。
その反対に、熱心にワンちゃんの症状をチェックするお医者さんもいます。
一概にどちらが良いとは言えませんが、最終的にワンちゃんについて獣医さんが「思いやり」を持って接してくれているかが大事になってきます。
それが感じられない場合は別の病院にかかることも考えてよいでしょう。
6、会計は明瞭か
→動物病院の料金に関しては統一的なものはありません。動物病院の料金体制は「自由診療制度」であるため、病院側で医療費が自由に決められるのです。
また、そのほかにも
●しつけについてもアドバイスが受けられる
→最近の動物病院ではワンちゃんへの医療行為に留まらず、ワンちゃんのしつけについてもアドバイスをしてくれるところもあります。
●セカンドオピニオンについて
→診断結果や治療方針について今かかっているお医者さん以外にも意見が聞きたい場合にセカンドオピニオンを利用します。これは治療に関して患者の責任者である飼い主が積極的に関わっていくということですので決して悪いことではありません。
セカンドオピニオンを求めたときに気軽に応じてくれる病院が望ましいです。
また、動物病院にお世話になる際にワンちゃんが体に触れられることになれていない場合、お医者さんが適切な診断が出来ないので、普段からワンちゃんが体に触れられることに慣れさせることは重要です。
2016年10月15日 動物病院を探そう はコメントを受け付けていません。 犬を飼ってから